【占い結果付!】アフガニスタン産 ラピスラズリ ブレス 3A 9.9〜10.1ミリ (FE4-6-09)

0円(税込)

在庫状況 在庫0個 売切れ中

商品は運営する実店舗でも同時に販売しております。
同じタイミングでのご注文があった場合に商品がまれに欠品する場合がございます。
細心の注意を払っておりますが売り違いが発生した場合、ご注文をキャンセルしていただく場合がございます。常に現在の在庫をご案内するよう心がけておりますが、その際は何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。
ダミ声でつぶやく
商品は運営する実店舗でも同時に販売しております。
同じタイミングでのご注文があった場合に商品がまれに欠品する場合がございます。
細心の注意を払っておりますが売り違いが発生した場合、ご注文をキャンセルしていただく場合がございます。常に現在の在庫をご案内するよう心がけておりますが、その際は何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。
ダミ声でつぶやく
内径サイズ 17センチ強
お写真の商品をお送り致します!



魔除けの石を揃えてミックスを作ろうと思ったんですよー。
で、大量のラピスブレスやらブラックダイヤブレスを出してきました。

でもふと。1個だけなんか気になるラピスを発見。
えっえっ!?!?!?

なにこれ!!!!!!!

これいいやん!!!!!

てか魔除けというよりも、なんや幸運のアイテムやん!!!!!!

というわけでミックスというより、そのまんま出します!!!!!




てかね、本当は私はミックスは推奨していないんですよ。

すべての石はストレートでもってほしい。そして相乗効果のある

種類を選んで数本つけるのがベストだと思っています。

だけど金額的な問題もあるから、そうもいかないでしょ。

だからあえてミックスを作ったりするわけですが、その際も石それぞれ

相性を考えて作ります。単体での相性ね。



で、このラピス。占ってみたらやっぱそうでしたよ!!!!!!!!!!



これね上手にコミュニケーションとれたり情報を得たりすることができて、

しかもそれらが素晴らしきパートナーを射止めるきっかけとなる、

そんな結果でしたよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

で、私はコミュ能力も長けてるし素晴らしきパートナーもいくらでもいるし、

いなくなってもいつでも作る自信あるから、このブレスは私には必要ないの。

そういうの欲しい方!!!!!!!!!!

おすすめします!!!!!!!!!!!!

魔除けプラス幸運のアイテムです!!!!!!!!!!



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【歴史】
青色には魔よけの力があると信じられていて、護符として使われていたり、
粉状にして壁画を描いたりしていたそうです。
奈良の正倉院には、この宝石を使った装飾品があります。
【特徴】
ラズライト・ソーダライト・アウィン・ノーゼライトなどの青色の鉱物から構成されます。
パイライト(黄鉄鉱)やカルサイトを含むこともあり、金色や白色の斑点で現れます。
ラズライト、アウィンの割合が多くなると、より青みが濃く、美しい色合いになり、
その他の場合、含まれる鉱物によって色味が少しずつ変化します。
【産地】
アフガニスタン

ラピスラズリは12月の誕生石となります。

【特に相性の合う石】
 モルダバイト(水瓶座の誕生石)クリソコラ(双子座の誕生石)ブルートルマリンアイオライト など


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

小宇宙と大宇宙の照応をもたらす ラピスラズリ Lapis Lazuli[和名:瑠璃、青金石]

●対応するチャクラ:喉、第三の目、ソーマ、宝冠
●生理学的関係:免疫系、眼、神経系、循環器系、骨髄、喉、甲状腺、喉頭、耳、血液
●波動:高い

古来伝わるパワー
 古代エジプト文明で“夜空”と霊力の象徴とされていたラピズラリ。
エジプト神話の『太古の海』には“ラピスラズリは神であり、神はラピスラズリである”と謳われています。
“上なる如く、下もまた然り”という言葉で表される大宇宙と小宇宙の照応を象徴しています。
 アフガニスタンの辺境の鉱山から運ばれてきたこの石は古来、王権の象徴でした。
メソポタミア神話には、女神イナンナ(ヴィーナス)が夫をなくした姉の女神エレシュキガルをなぐさめるために、
姉が支配する冥界へ向かった話が登場します。

ある日女神イナンナは天界を捨て、冥界へ下る決心をした。
 ラピスラズリの首飾りを身につけ、
手にはラピスラズリをちりばめた竿尺が握られていた。

 ラピスラズリの竿尺は自然界の周期、首飾りは永遠の命の象徴です。
冥界の掟を破った罪で死刑を言い渡されたイナンナは、身ぐるみ剥がされ、釘に吊るされます。
この神話にはさまざまな解釈があります。まず現実的な解釈として、季節の移ろいを描いたもの、
すなわち宵の明星から暁の明星へ変わるときに一時的に金星が見えなくなる現象を描いたものだと考えることができます。
一方、心理描写と考えると、自我の終焉の象徴ともいえます。
また、イナンナが冥界の7つの門を通過するたびに持ち物を一つずつ剥ぎ取られる話は、
霊的視点からすると、肉体が滅んだ後、魂は再び転生するという思想やカルマの浄化を象徴しているとも考えられます。
いずれにしてもひとつ言えることは、この神話は輪廻転生と魂の変容を描いた物語であり、
ラピスラズリにはこの2つを促す性質があることを暗示しているということです。

ラピスラズリは大天使ミカエルの石でもあります。

癒しのパワー
 古代エジプト医学ではこの石には“プラシーボ効果”があると考えられていました。
『エベルスパピルス』にはラピスラズリは眼病を癒し流産を予防すると記されています。
また、アルファンソ10世の『貴石誌』にはこの石の粉末を眼に当てたり服用すると体液の鬱滞が解消し、
憂うつな気分が一掃されると記されています。
粉末は膀胱炎を抑えたり月経周期を制御する目的でも処方されていたようです。
現代のヒーラーは、この石に含まれる銅の力を利用して痛みを和らげ、解毒を促し、血液を下げ、免疫力を高めます。

変容のパワー
 高い電気伝導性を持つこの石は純粋な生命エネルギーを持ち主に伝え、
より高い波動に感応させます。また、精神的感情的閉鎖状態を解消することで、
魂を呪縛から解放し、素直に自己表現ができるように助けます。

(ジュディ・ホール.厳選101:パワークリスタル、ガイアブックス.産調出版、2012)

モテ系ブレスグループはこちら
仕事アップ系ブレスグループはこちら
対人アップ系ブレスグループはこちら
開運系ブレスグループはこちら
添え物系(相乗効果ありブレス)ブレスグループはこちら
魔除け系ブレスグループはこちら

※天然石特有のクラックやヘコミ等が見受けられる場合がございます。予めご了承下さい。
※画像は出来るだけ色合いを現物に近づけていますが、モニターの発色などの違いにより色合いが異なる場合もございます。予めご了承頂きますようお願い申し上げます。
※ラピスラズリは身に着けた際の汗、皮脂の影響で色があせる、ツヤが減る場合が
ありますので外した際に柔らかい布などで拭くことをおすすめします。

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。