チベット産モリオン×ブラックダイヤ×ホワイトダイヤ MIXブレス (OC5-06-14)

55,000円(税込)

在庫状況 在庫0個 売切れ中

商品は運営する実店舗でも同時に販売しております。
同じタイミングでのご注文があった場合に商品がまれに欠品する場合がございます。
細心の注意を払っておりますが売り違いが発生した場合、ご注文をキャンセルしていただく場合がございます。常に現在の在庫をご案内するよう心がけておりますが、その際は何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。
ダミ声でつぶやく
商品は運営する実店舗でも同時に販売しております。
同じタイミングでのご注文があった場合に商品がまれに欠品する場合がございます。
細心の注意を払っておりますが売り違いが発生した場合、ご注文をキャンセルしていただく場合がございます。常に現在の在庫をご案内するよう心がけておりますが、その際は何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。
ダミ声でつぶやく
内径サイズ 16センチ
【使用ストーン】
チベット産モリオン  12〜14ミリ
ブラックダイヤモンド 2.4カラット
ホワイトダイヤモンド 6.29カラット
お写真の商品をお送り致します。


早速チベットモリオンの感想をいただきました!!!!!
・・・・・・・・
昨日、チベットモリオンも届きました!
夜、早速着けて寝たのですが今日あらゆる出来事が超スムーズに済んでビックリしました。
やっぱりチベットモリオン最高ですね!
・・・・・・・・
チベットモリオンはやっぱすごいです!!!
私はこれまでにとんでもない量のモリオンを販売しております。
なのでひとつ言えること!!!!!
粒はデカイのを選ばなくてはいけません!!!!
最低でも12ミリ以上!!!!!!



はい、皆さん良いですか?
本日出すモリオンは、普段のモリオンとは別物です。

チベット産のモリオンです。
チベット産のモリオンと言ってもチベット産ではない事が多い事
ものすごおおおおおおおおおおい多い事、皆様お知りでしょうか。

産地言った者勝ちではないけれど、山東省のものであっても
チベット産と言う事がおおいんですよ奥さん。

今回のモリオンは原石から管理して
ビーズに加工したものです!!!!!

100%!!!100%チベット産です。奥さん。
間違いありません。


みなさま!!!!!!
ロシア産を持っているからもういらないではなく。チベット産はもともと奥深くまで
アナタに近寄る危険を知らせてくれます。

ロシア産よりももっともっと。
それがチベット産です。



モリオンの鑑別について
国内の主だった鑑別機関、また宝石鑑別団体協議会(A.G.L)に加盟している鑑別機関では、モリオンの鑑別書には必ずコメントとして「通常、色の変化を目的とした人為的な照射処理が行われています。」が付加されます。

これはたとえそれが天然のモリオンで照射処理を行っていない場合でも、必ず明記しなくてはいけないというルールがあるからです。

なぜこのようなルールがあるのかというと、人口照射しているのかどうか、天然なのかどうかを、調べる手立てがないからです。

つまり、国内の主だった宝石鑑定、鑑別機関が会員となっている宝石鑑別団体協議会(A.G.L)では、黒水晶の鑑別においては、自然界のものも人工的に照射したものも区別ができないために
「通常、色の変化を目的とした人為的な照射処理が行われています」と記載されるわけです。


要するに「人口照射かどうかを見極める機械」は存在しないのですから、
「通常、色の変化を目的とした人為的な照射処理が行われています」
と記載するというルールが作られているわけです。

その機械が存在しない限り、その石が人口照射によるものかどうかを正確に断定することはできません。

また国内の主だった鑑別機関、また宝石鑑別団体協議会(A.G.L)に加盟している鑑別機関では
「モリオン」と言う鑑別用語は無く、すべてが「スモーキークオーツ」か「カンゴーム」に分類されるというのもルールとなっております。

このモリオンとカンゴームの名称についてですが、これについてはじつは今や答えの出ない議論となっております。
なのでこれについては私自身が規定に従うか、もしくは聞きなれた名称であるモリオンを使うかを決定する権利がありますので、私はあえてモリオンと呼ばせていただきます。

黒水晶の定義は、光を透過しない程黒い水晶という事なので、
黒さにおいてまったく同じ水晶であっても、
その水晶の大きさ・厚さや、光源の強さ、鑑別者の個人差、更には、各鑑別機関の基準により
ダークスモーキークォーツになったりカンゴームなったりする可能性は十分あり得ます。

それは黒水晶の定義が物理学の定義の様に厳密なものではないからです。
ですからダークスモーキークォーツとカンゴームの線引きは、非常に微妙うなためどの鑑別結果が正しいと
断言することは、事実上不可能であるというのが現状の様です。


以上の結果をふまえて、モリオン(黒水晶)を販売する業者の出来る事は、販売者が信頼出来ると思う
仕入先・鑑別機関を選定するしかないと言うほど、モリオン(黒水晶)は微妙で扱いの難しい
商材と言えるだろうという結果にたどり着きました。

またうちのモリオンビーズ1連を国内最大手である中央宝石研究所のほうへ鑑別に出しましたが
「通常、色の変化を目的とした人為的な照射処理が行われています」
という表記は当然されてありますが、
「人口照射してあります」とは断言されておりません。
これはそれを調べる機械が存在しないので断言できないからです。

このビーズと同時に、鉱物の見本となって中国のモリオンが発掘されている現地で販売されてた、
標本用の黒水晶原石も鑑別にだしましたが、鑑別に書かれている文言はビーズと同じ
「通常、色の変化を目的とした人為的な照射処理が行われています」でした

うちのモリオン(黒水晶)を中央宝石化研究所に鑑別を出した結果です。

//img14.shop-pro.jp/PA01078/659/etc/chuou.jpg?20130409150856

念の為にモリオン原石も中央宝石研究所に鑑別を出しました。

//img14.shop-pro.jp/PA01078/659/etc/chuou02.jpg?20130409150940


モリオンはここ数年販売しておりますが、お買い上げくださった方から大好評で、ほんとに素晴らしいブレスだと思います!!!!!


【モリオンの色の変化について】
モリオンはガンマ線が照射される事によって色が黒くなります。
そのため、お問い合わせで「放射線照射によってモリオンから放射性物質が出ているのではないか」
というご質問をいただくことがございます。
ガンマ線が当たった場合、モリオンが放射能化し、影響が出る等はございませんのでご安心下さい。

また、様々な鉱物において「カラーセンター理論」を利用した物が存在します。
結晶の中では構成する原子が規則に並んでいますが、何らかの原因で結晶内の原子配列が欠陥し起こる発色のことをカラーセンター理論と言います。

1つは、色の原因となる元素の存在によって変化するもの、もう1つは発色の原因となる不純物が存在していない場合、
放射線エネルギー、加熱エネルギーによって変化するものがあります。
モリオンもカラーセンター理論によって色を持つ鉱物の一つでもあります。

モリオンは、後者の放射線エネルギーによる変化で色が黒褐色、黒色に見えるものとなります。


【特に相性の合う石】
 モルダバイト・レムリアンシードクリスタル・アゼツライト・スギライト
 ・スーパーセブン・チャロアイト・ロードナイト など

モテ系ブレスグループはこちら
仕事アップ系ブレスグループはこちら
対人アップ系ブレスグループはこちら
開運系ブレスグループはこちら
添え物系(相乗効果ありブレス)ブレスグループはこちら
魔除け系ブレスグループはこちら

※こちらのブレスは鑑別書は付いていません。
鑑別書をご希望の方はこちらも一緒にカートに入れてください。
鑑別書はご入金の確認を頂いてからのご用意となりますため、発送まで目安として7日〜10日程度のお時間をいただきます。
日数につきましては、ご入金の状況によって変動する場合がございますので、予めご了承ください。

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。