パンデミックにより、誰もが大小関わらず何かしらの影響を受けたかとおもいます。
私自身が気がついたのは、人が人らしく生きていくためにも今こそ新時代の「倫理」が必要だということです。
パンデミック以前はグローバル経済が利益を追求しすぎていました。ですが、これからは最終的に社会貢献を
果たすために稼ぐ。これがパンデミック後の世界に絶対的に必要
ではないかということです。

 稼いだお金の半分でもいいから、自分以外の人たちや自然や動物たちのためにそのお金を注いでいく。数十
年後の次なる世代に幸せになってもらうためにも、これからは私たちが動かなくてはいけません。

 その根本にあるのは、失われた真の思いやり、赦し、導き、そして社会貢献や寺社仏閣への祈りによって、
誰もが道徳心を取り戻し、長く幸せに生きていき、学んでいける機会を作らなくてはいけないと感じました。

 昨年から私は全く違う事業展開をおこなっています。それはSDGsという理念をもとに、誰もが持続して学べる
場所、稼げる場所、そして自然を大切にしていき、自然と共存していけるサードプレイスとしてのクリエイティブ
な活動を行う場所作りです。


 具体的には自然災害に影響されない農法により、安定した雇用、収入、そして誰もが幸せで豊かに生きがいを
持って暮らせていけるために、社会に役立つことを事業の目的として動いています。
事業展開のために、宿泊施
設や飲食の運営、スクール、アート活動を行っています。

 となれば今展開している天然石の仕事「しのぶ先生」はどのような社会貢献を目指せばいいのか
あれこれ考えていましたが、これまで私がやっていたこ・・・

保護猫の救済と寄付、売り上げた収入をそのままお買い上げくださった皆さまへのお返しの意味も含めて神様へ
奉納
。これらは私的には間違っていなかったとおもい、引き続き行っていきます。

「しのぶ先生」で商品を買われた方が自動的に社会貢献へ繋がるように、災害地への寄付、救済を目的にする
ことを、今まで以上に力を注いでいきます。


 またそのほかにも私が最も救いたい人たちは物質的には満たされていても心が満たされていない人の救済や
拠り所。もちろん物資的に満たされないことが原因で心が病んでいく方もいますが、ともかく精神的に辛い状況
におられる方が何かを気づくためのきっかけが必要ではないかということです。

 過去に「しのぶ先生が幸せすぎて憎い」とお客様からストレートに言われたことがあります。
 
そのかたはご病気に苦しまれ、薬の副作用で発作的に本音が出てしまったのだと思いました。ならば私ができ
ることはというと、少しでもその方の心が軽くなるようにすること。その言葉を笑って受け止めて、そして私の
宝物をその方へプレゼントしました。今ではまったく手に入らない希少な縁起物を差し上げました。その方はと
ても喜んでくれ、その縁起物を写真に撮ってラインのトップにしていたほどです。

 先日、その方がお亡くなりになったと連絡がありました。その方と私の関係は、単なるショップとお客様の関係
でしかありません。またもう4、5年くらいその方は私のショップでお買い物をしていませんでした。


 考えてみてください。仮にあなたがAmazonでお買い物をして、その商品を売った人に、自分の死を知らせますか?

 その方の代理人が私の元へ訃報を知らせる意味。

 訃報を受けとったとき、私はこれからなにをどうすればいいのかをじっくり考えました。

 自然や動物を救うお手伝い、誰もが幸せであるように活動すること、そしてひとりひとりの幸せ実現のための
お手伝い。それ以外にも必要なのは、心が病んだ状態の時に、私たちはどれだけその人らに言葉をかけることが
できるか? 少しでも支えになることが大切ではないか、ということです。

 人は心が病むと、誰かを罵ることで気持ちが晴れ晴れするという気質を持っています。もちろん全ての人は
そうではありませんが、私は生きてきて、またビジネスで成功することと同時に、そのような人たちがとてつ
もなく多いということに気がつきました。誰かを罵り、自分と同じくらいに不幸へ陥れたいと思うことで、気
持ちが楽になるのでしょう。


 でもそれはまったくもって建設的ではないと思います。それを知ってもらうためにも、私たちがやらなくて
はいけないことは寄り添うこと。そして気持ちが楽にさせてあげること。それしかないのです。ただし相手が
依存しないようにしなくてはいけません。依存はすべての諸悪の根源だと思うからです。上手な距離を保ちな
がらの寄り添いです。


 だけど今の私は時間というものが少なく、多数の仕事の案件を抱えているので、気持ち面で尽くすことが困難
になっています。

 現実、ネットショップでの活動時間が少なくなり、「しのぶ先生」の運営は週に3回となっています。

 だから何ができるのか限られているのですが、まずは限られた時間での声かけや、寺社仏閣などで、その方々が
少しでも心の負担がなくなるように祈ること。


 ネットショップでの天然石や絵画などの売り上げは、災害地への寄付、動物救済などによって、「買われた方が
自動的に徳を積む」ようにいたします。

 また買われた方の願いが叶うように神社などへ売り上げを奉納します。これまで以上に。
 もちろん寄付な奉納には私のポケットマネーを限りなく注ぎます。
 これにより少しでもブレスを買われた方が幸せになりますようにと祈ります。そしてブレスを買われた方がこの
私たちの方針により、社会貢献していることに繋がるようにいたします。


 この取り組みを嘲笑う人たちや嫌疑をかけてくる人たちもいるかと思いますが、いまはそのようなレベルの低い
ことをしている事態
ではないのです。グローバル経済で失われたものを一刻も早くとり戻していく。そしてお互い
がお互いを思いやる、
人間らしい道徳心を取り戻すことが必要だと思います。


 私によるしのぶ先生の運営は少ない時間となりますが、日々何かの役に立つように、そして皆様の幸せを実現
するために、100%貢献していこうと思っています。
ありがとうルミさん。
ご冥福をお祈りいたします。

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。